大豆の種まき大豆の種まき作業を6月14日に行いました。
金沢では先日入梅し、天候が心配でしたが、なんとか雨も降らずに種まき作業ができました。

大豆の種まきは、棒とヒモを使い一列に並んで、ヒモに沿って大豆の種をまきます。
一列が終わると、棒とヒモを1メートルほどずらして、またその一列を植えます。
この作業を繰り返すことによって、大豆畑の大豆はきれいに並んではえてくるんですね。

トラクタで畑を耕す早朝7時集合ということで畑作業を開始。まずは草ぼうぼうだった畑の草むしりから。みなで草むしりをしてからトラクタで畑を耕しました。
トラクタに乗っているのは、あぶさん。なんでも器用にこなせる人です。

 

大豆の後はかぼちゃなどを植えました大豆の種まきの後は、他の野菜苗を植えました。かぼちゃやネギなど各自が用意した苗を畑に植えました。
次回の大豆の補植作業のときには五郎島金時(さつまいも)の苗も植える予定です。