マメジン大豆の豆タタキ、はさで乾燥させた大豆から大豆の実を叩き出す

11月4日(日)晴天に恵まれて、マメジン大豆の豆タタキ。
先月に収穫した大豆を、はさで乾燥させていたが、
その大豆から大豆の実を叩き出す作業だ。
mametataki_02.jpg
今回は、顔ぶれも多彩。
前回参加のPTA代表の方と新たな女性メンバー2名も参加してくれた。
おなじみの参加者(田中、長岡、田村、油谷、遠田)と総勢8名の作業だった。
mametataki_03.jpg
作業の手を止めてちょっと休憩。ゆでたてのサトイモをアツアツでいただきました。
mametataki_04.jpg
休憩もほどほどに作業再開。豆タタキの後は荒選別に入ります。
mametataki_05.jpg
豆タタキで飛び出した大豆を集めて、土や枯葉から選別。
mametataki_07.jpg
mametataki_08.jpg
収穫した大豆はこの状態で約30キロ程度。
選別すると良品は半分以下になる。
mametataki_09.jpg

昼までには作業も終わり解散。
選別作業は、各自持ち帰って宿題の作業となる。
大豆の選別の目安はこちら
※本日不参加のメンバーには後日、宿題を渡しますね。


マメジン大豆の豆タタキ、はさで乾燥させた大豆から大豆の実を叩き出す” に対して1件のコメントがあります。

  1. 豆タタキは乾燥大豆を叩いて大豆の実を取り出す、昔ながらの手作業で大豆を叩いて選別するマメジンの豆タタキ

    晴天に恵まれ豆タタキを実施。豆タタキは乾燥大豆を叩いて大豆の実を取り出す作業。昔ながらのやり方で大豆を叩いて選別するマメジンの豆タタキ。今年は豊作、収穫に感謝。この大豆はまだ選別されていないので、メンバーが持ち帰り各自が自宅で選別作業を行い、きれいな大豆は来年の大豆を作るためのタネマメとする。 さて、昨日は18位。今日は何位かな?⇒

コメントは受け付けていません。