kounnodaizu.jpg2週前の大豆種まきは発芽不良があったため、もう一度大豆の種まきを行った。

北陸の梅 雨らしいじめじめした空気の朝だったが、幸いにも心配した雨は降らず無事に種まきができた。

大豆の発芽不良の原因は、どうやら水 分不足だったようだ。

大豆はあまり水をやらなくても育ってくれる作物だが、発芽のときには水 分が必要だ。

2週前の種まきのときは梅雨入り前だったため雨も少なく、畑の土の中の水分が少なかったようだ。
そのため撒いた大豆 は、土の中で発芽したものの成長するために必要な水分が足りずに、途中でだめになってしまったようだ。

今日の畑の土はたっぷりと 水分を含んでおりコンディションは上々だ。