畑で収穫

マメジン自由が丘の畑で収穫作業を行なった。朝は7℃程度と冷え込んだがよい天気に恵まれ、朝8時過ぎには日差しの暖かさもあり汗ばむくらいになった。

今年のマメジンの栽培作物は大豆が畑面積の約半分だが、その他に落花生やサツマイモなどを植えていた。今日はこれらのほとんどを収穫した。大豆は適度に乾燥してさやだけになっているので、根本を大ばさみで切り取り、いったんブルーシートの上に集める。その後、さやだけをはずしひとまとめにしたあと、ネットの袋に入れておく。

本来なら、豆叩きを行い、さやの中の入っている乾燥した大豆だけを取り出したいところだが、その作業をする場所と時間がないためだ。

青空に映える乾燥した大豆

今日の大豆の状態。乾燥していい感じになっている。

畑にブルーシートをひいてさやとり作業

畑にブルーシートをひいてさやとり作業を行なった。

袋に入れた大豆

さやだけの大豆を袋に入れる。この状態でメンバーが手分けして持ち帰る。あとはこの大豆を持ち帰ったメンバーが、さやの中から乾燥した大豆を取り出して、来年の種豆にするため保管しておく。

落花生もとれた

今年もっとも豊作だったのは落花生。大粒の落花生がたくさんとれた。この落花生から来年の種として大粒なものを15個保存して、あとはメンバーで山分け。落花生はそのまま塩ゆでして「茹で落花生」でいただいた。この食べ方か一番おいしい。大豆を枝豆で食べるような要領で簡単に調理できるのがまたいい。

さつまいも

さつまいもは平均して一株に2~3個の芋がついていた。こぶりな物が多く今年のさつまいもはちょっと収量がものたりない感じだった。それでも植えた面積が多かったので、昨年並みの収穫があった。

マメジンの畑での作業風景

今年の畑作業でも、熱心に参加してくれたのは、油谷さんと長岡さんで、今日も集合時間の8時前には来て作業を始めていた。頭が下がる。また、他にも多数のメンバーが参加してくれてマメジンが運営できていることに感謝である。本当にありがとう。

マメジンの畑作業はこれで一段落になる。来年早々には味噌づくりを行なう予定で、4月の新年度からもまたここの畑で大豆を作るつもりである。マメジンの活動に参加したい方は参加費無料なのでぜひご一報を。

※このページはマメジンのメンバーの一人である遠田幹雄のブログ記事http://www.tohdamikio.com/2015/11/mamejin2015.htmlから引用しました。