■メールフォームからの質問
小学校で大豆を育てています。
おいしい大豆を育てるにはどうしたら良いのか小学生に解るように教えてください!!
(山梨県:Rさんより)
■マメジンメンバーからの回答
おいしい大豆の育て方、作り方ですね。
うーん、ひとことで言うのはむずかしいですが(^^;
カンタンに言ってしまうと
「たくさん太陽の光を浴びさすこと」
ですね。
大豆は、他の植物と違い、肥料がなくてもそれなりに育ちます。
水もそんなにほしがりません。
マメジンの大豆は、種まきをしてから収穫までの間、
肥料も水も与えません。
それでも大豆は元気に育ってくれます。
そのときに大事なのが「お日様の光」です。
たっぷり太陽の光を浴びることによって
しっかりと「光合成」をおこなってくれます。
するとよく成長し、おいしい大豆に育ってくれますよ。
またマメジンのホームページに遊びにきてくださいね。
■お礼のメール(山梨県:Rさんより)
お返事ありがとうございました。
学校のみんなにも教えてあげようと思います。
(山梨県:Rさんより)
■マメジンメンバーからの回答
 おいしい大豆の育て方作り方、対策は「草むしり」
返信ありがとうございます。
そうそう(^^;
追伸です。
「お日様の光」が大事。
…ということは、
お日様の光をさえぎるものがあると困りますね。
そのもっとも大敵なのが「雑草」なんです。
大地では「お日様の光」を自分が受け取りたいという
「お日様の光の獲得競争」を繰り広げるのです。
その最大のライバルが「雑草」です。
より早く成長して大きくなりたい。
自分が光を受け取りたいと…。
大豆だって、雑草だって
そう思っているんですね。きっと。
雑草の成長力はすごい。
すくすくと大きくなります。
ほおっておくと大豆よりも大きくなります。
すると、お日様の光は
大豆よりも雑草に多くあたります。
こうなると、雑草だらけの畑(庭)になってしまい
大豆は大きくなりません。
…わかりますよね。
おいしい大豆を作るには
「草むしり」が大事なんです。
まめに草むしりにとりくんでくださいね。
マメジンの畑はどうかって?
をっと、草ぼうぼうになりそうな感じです、やばい(^^;
おいしい大豆の育て方作り方、対策は「草むしり」
互いに草むしりにはげみましょう。