大豆の実が薄いので葉を半分くらい落として様子を見ることにした

大豆の実が薄い

大豆の実が薄い

マメジンの大豆は自由が丘の畑になってからちゃんと収穫できたことがない。昨年は葉は青々としげって実もついたが、実が太らず薄いままで収穫ができなかった。この昨年全滅の状況に近い。

大豆の葉を落とす

大豆の葉を落とす

今日、畑に来た、長岡さん、土江さん、遠田の3名で相談し、葉を半分くらい落とすことにした。そうすることで大豆が栄養成長から生殖成長に切り替えるスイッチが入るのではないかということである。またJA関係者から「大豆の実に太陽光を当てるとよい」というアドバイスもいただいたので、葉は上部の方を落とした。すべての大豆ではなく手前から6列分だけこの作業を行った。

これで、未処置のものと処置をしたものでこれからどうなるかを比較することもできる。どうかちゃんと実って欲しい。

また、輪島青大豆のほうは、まだ花が咲いた状態だった。8月後半でこの状態はさすがに遅い。

まだ花が咲いた状態の輪島青大豆

まだ花が咲いた状態の輪島青大豆


このままではちゃんと実がついて収穫できるようになるのは難しいだろう。

大豆はちょっと心配な状況…

しかし、あとの作物は順調のようだ。

黒もちとうもろこし

黒もちとうもろこし

かぼちゃ

かぼちゃ

黒もちとうもろこしは3人で数本づつ、かぼちゃは一人1つづつ、今日の収穫物として山分けした。

8月3日の作業報告

久しぶりに畑の様子を見てきました。

雑草も結構大きくなっていましたが、作物たちに影響はなさそうで安心です。

長岡さんと土江さんも来てくれたので、ささっと雑草を取ってきました。

撮影モードを間違えて、ピンボケもありますがご容赦願います。。

大豆

008

サツマイモ

007

ラッカセイ

006

黒もちとうもろこし

002

今年はトウモロコシも順調ですよ~

1株に付き1本だけにして、ヤングコーンをいただきましょう。

001

作業者3人で山分けです。

009

打木赤皮甘栗かぼちゃ

003

バターナッツ

005

カテゴリー: NEWS

大豆の花が咲きました、土寄せ作業をして様子を見ます

大豆の花が咲きました

大豆の花が咲きました

大豆の花が咲きました。花が咲くと安心しますね。

しかし、昨年は大豆の花が咲いたのに大豆全滅という過去14年間で初めての事態に陥っています。
ツルボケという現象だったようで、茎も葉も大きく育って、大豆のさやもできているのに、大豆の中身の実が入らないという状況でした。とっても残念なことになってしまったのです。

今年は、なんとしてもきちんと実らせたい。そして、大豆の無料配布も再開したいと考えています。

そこで、今期のマメジン会長あぶさんと遠田で対策を考えました。

あらためて大豆に実がつかない原因を調べてみました。

主として
・過剰な肥料(窒素成分が多すぎる)
・カメムシの被害
・開花時の水分不足(昨年はこの影響も大きかったかも)
・適地適作でなかった(品種選定と種蒔き時期)
が挙げられす。

昨年は
・開花時の水分不足
の影響がもっとも大きかったかもしれませんね。

ちょうど開花時期が梅雨明けとなっていて、高温で雨があまり降らないという悪条件でした。その他の条件には該当しないと思います。肥料が過剰ということは考えにくいし、大豆品種のあやこがねはずっと栽培してきている品種ですし、カメムシの被害もさしてなかったはずです。

今年は開花した先週辺りから十分に雨が降っているので水不足ということはなさそうです。
また、大豆の成長具合も良好で、すでに一度土寄せが終わっているのでしっかりと育っています。
昨年よりはかなりいい状況でしょう。

さて
今回の作業は以下のどちらにするかです。

1.上部摘心(本葉5~6枚のころ)

2.葉をおとす(剪葉)

あぶさんは、1の作業を考えていたようですが
遠田が考えていたのは2の作業です。

摘心するなら開花前がよいという情報が多いです。
だとすると、今日はちょっとタイミングが遅いのかな?

また、葉をおとす(剪葉)という作業についてはあまりくわしい情報がありません。
葉を落とすと光合成をする面積を減らしてしまうことになるので、
これから実をつけようというときには実施をためらいますね。

大豆の開花が昨年よりも少し早いように思いますので、剪葉作業はまだしないほうがいいかもしれません。剪葉作業は、もう少し様子を見てから最後の手段として実施することにしました。

結局、畑で相談した結果、今日は1も2も実施しないことにしました。今後も様子を見ますがこのままなら1も2も実施しなくてすみそうです。

今日は土寄せと草むしりを行いました。

本日の参加者は、あぶさん、土江さん、遠田の3名でした。

記録:遠田幹雄

7月19日の大豆畑の様子

7月19日の大豆畑の様子

▼大豆に実が入らないについて調べた参考URL

「カットバック(剪葉)」という技術

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1342337493

大豆を育てています。5月23日頃に種を蒔き、4~50cm程に成長していますが茎が
ひょろ長くどっしりしていません。上に伸びていく一方なのですが、どうすれば
しっかりしたものに成長していきますか?
ベストアンサーに選ばれた回答
株間が狭いのではないでしょうか?
あと、基肥の窒素肥料が多いこともあげられると思います。
播く時期が早かったり品種特性で蔓化しやすいのもあるかと思います。
今後出来る技術として、
九州地方で台風による倒伏を防ぐためにやられている、「カットバック(剪
葉)」という技術をやってみてはどうでしょうか?
・開花直前~開花はじめに葉先を剪除する。
・剪葉するさいには、新葉が展開する生長点(茎の先端)は切らない。
剪葉は、盆栽用のはさみでも良いですし、バリカンや刈り払い機などどんな方法
でも良いと思います。

ダイズが開花しないのですが、対策法を教えてください。

http://www.pref.nara.jp/15546.htm

6月中旬に定植で、8月中旬頃からが開花期です。窒素過多等で栄養生長が考え
られます。 もう少し様子をみて、最悪の場合は上部の葉を飛ばし(摘葉)、生
長をコントロールして(傷めて)みてください。

タキイのエダマメ栽培マニュアル

http://www.takii.co.jp/tsk/tools/y_manual_pdf/y_manual_edamame.pdf

地元の品種を適期にまくべし

http://www.ruralnet.or.jp/syokunou/200903/01_3.html

大豆の栽培説明書 – 市川種苗店

http://www.i-seed.jp/files/edamame_20111017.pdf

豆の実がつかない時の対処法

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3319094.html

丹波の黒豆、摘心の時期(タイミング

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1369240288

枝豆を栽培する時に気を付けるポイント!

http://kateisaiennkotu.com/yasainosodatekata/kasairui/edamame.html

7月6日の畑の様子

参加者:長岡さん、土江さん、油谷

今日で大豆の土寄せはすべて完了しました。

ほぼ長岡さんにやっていただいたようなものです。。

ありがとうございました!

001

その他の野菜の様子

黒もちトウモロコシ

005

カボチャ

004

サツマイモ

002

ラッカセイ

003

この後は、野菜達の生育の妨げとなる雑草を引っこ抜くだけですね。

これから先はマメジンの皆さんも、気が向いたら結構ですので、

時々様子を見に来て、大きくなった雑草を抜いていってください~

 

そういえば1点だけ、昨年の全滅を未然に防ぐため、株がある程度

大きくなったら、生長点を切り取る作業を行います。

※今年は試験的に行いますので、全部ではなく半分の株に実施します。

この作業につきましては、改めてメールで案内しますので、ご協力の程、

よろしくお願いいたします。

以上。

カテゴリー: NEWS

6月29日の畑の様子

本日、雨の合間を縫って大豆の土寄せをしてきました。

多分、これまで長岡さんが土曜日にやってくれたのだと思いますが、

全体の2/3程度完了しました。

006

サツマイモもすべての苗が無事に活着してました。

007

トウモロコシも順調に生育してます。

008

南瓜も綺麗な葉っぱを伸ばしていました。

004

ラッカセイも大丈夫、まだ株は小さいのに黄色い花をつけてるものも。

003

カテゴリー: NEWS

サツマイモの植え付け

001

遠田さんが畑に埋めておいてくれたサツマイモの苗から

若い根が出ていて、葉っぱもしっかりしてたので、

畝を6つ作って定植完了しました。

005

本日の参加者は、長岡さん、北野さん、土江さん、油谷です。

006

トウモロコシも若干枯れた苗があったので、再度補植。

009

大豆も無事に活着出来た模様です。

来週からは、まず大豆全体の土寄せ作業、

その後は地道に雑草取りをやりましょう。

011

今日の作業で、マメジンの畑がすべて埋まりました。

皆さま、ご協力いただきありがとうございました。

今年は絶対に枝豆が食べられるように頑張りましょう!

カテゴリー: NEWS

さつまいもの苗が手に入りました

五郎島金時(さつまいも)の農家さんからさつまいもの苗が手に入りました。
さつまいもの苗

五郎島金時の作付は昨日(6/10)で終了したとのことで、残った苗をいただきました。
全部で100本以上はあると思います。

心なしか、苗の元気がなさそうなので、早めに畑に植えたいですね。
今週の土曜日の朝まで持つかどうか少し心配です。

6月8日の作業

早朝、集合したのは北野さん、土江さん、油谷の3名でした。
先週定植した苗は、その後の高温と乾燥で息も絶え絶えでした。

045

トウモロコシも同様に枯れてるのも…。

046

苗を定植し直して、水をやりました。

050

こちらはトウモロコシです。

049

南瓜の植え付けは堆肥と鶏糞を埋めてから土を盛って定植しました

048

南瓜は2種類ありますが、これは打木赤皮甘栗かぼちゃです。

054

ラッカセイは豆類なので肥料は仕込まず、そのまま定植。

055

たっぷり水をかけてあげました。

051

今回で大豆とトウモロコシ、南瓜、ラッカセイの定植が無事に終了したので、残すはサツマイモのみです。

遠田さん、苗が調達できたら教えてくださいね~

油谷

大豆の定植

20140601-170702.jpg

3週間前にまいた大豆が十分に発芽しました。今日はよく晴れた6月最初の日曜日。早朝6時半から大豆定植作業を行ないました。

20140601-170742.jpg

20140601-170825.jpg

20140601-170946.jpg

大豆の定植作業の様子は
http://www.tohdamikio.com/2014/06/mamejinteisyokudaizu.html
でも紹介しました。

大豆が双葉になったが定植作業にはまだ早い

大豆が双葉になった

大豆が双葉になった

2週間前にまいた大豆が発芽して双葉になった。しかし、思ったより成長が遅めで今日予定していた大豆の定植作業はまだ早いという判断で中止にした。

大豆の定植作業は来週の日曜日6月1日の早朝6:30から開始ということになった。

大豆をまいて2週間

大豆をまいて2週間

大豆をまいて2週間の大豆苗

大豆の苗床の様子

大豆の苗床の様子